インビザラインで歯並び改善【治療計画の説明を聞く】

エステ感覚で受けよう

白く輝きだします

ウーマン

人の第一印象は見た目が全てです。ヘアメイクやファッションだけではなく、歯の美しさも大きく左右されます。話をした際に歯が黄ばんでいたり、汚れていると不潔のイメージを持たれます。特に、歯磨きで磨きにくいとされている部分は、汚れが溜まりやすく、黄ばみやすいのです。そのため、大船にある歯科クリニックでホワイトニング治療を受けて歯を白くするとよいでしょう。ホワイトニング治療の種類は大きく分けて二つあります。自宅でホワイトニングキットとマウスピースを使ったホームホワイトニングまたは大船の歯科クリニックで行えるオフィスホワイトニングを選択できます。ライフスタイルなどによって治療法を選択できるところが嬉しいです。ホームホワイトニングの場合、大船の歯科クリニックで歯型を取り、マウスピースを作成してもらいます。そして、歯医者さんと一緒に歯の白さを決めてから、専用のジェルを受けて、使用法を指導してもらえたら自宅で約二週間に渡って治療ができます。一日、二時間程度装着するだけで歯の汚れや歯牙内部などの黄ばみを白くできます。また大船の歯科クリニックでは安全なオフィスホワイトニングも実施しています。家での治療が面倒、一日でも早く歯を白くしてほしいと考えている人はオフィスタイプの方が理想的な治療になります。ただ、共通して言えるのが治療中は禁煙を徹底し、コーヒーやカレーなど歯に色が付きやすい食べ物だけは避けておくことが大事です。これらを守ることで白い歯を手に入れることができます。

指導を守ることが大切

口

歯の変色が気になる方は、大船の歯医者で相談しましょう。健康な方であっても、歯は加齢やお茶やコーヒーなどに含まれる成分の影響で、少しずつ変色していくものです。そのため、白さよりも黄色さの方が目立つようになってきます。この歯の変色は歯磨きなどでは取り除くことはできないので、歯の白さと輝きを取り戻すためには歯医者でホワイトニングをする必要があります。施術方法には、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあります。オフィスホワイトニングとは歯医者で施術するもので、歯科医のもとで治療することから安全性が高く、しっかりとした効果を実感できるのが特徴です。一方のホームホワイトニングは、家に居ながらにして歯を白くできる施術方法です。歯科医の指導に従って適切に薬剤を使用すれば、家庭でも手軽に歯を白くすることができるので、仕事が忙しく歯医者に通えない方に人気となっています。ただ、ホームホワイトニングには注意点もあります。ホワイトニングはとても安全性の高い施術ではありますが、安全に歯を白くするためには薬剤の使用量や使用時間を歯科医の指導通りに行う必要があります。少しでも歯を早く白くしようとして薬剤の使用時間などを長くしてしまうと、歯を傷める原因ともなるので、必ず歯科医の指導を守るようにしましょう。大船の歯医者では、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを受ける際、診察を受けた上で選択することができるようになっています。大船の歯医者では患者が安全に歯を白くすることができるように、時間をかけて丁寧にインフォームドコンセントを行っているので、安心して施術が受けられます。歯の着色汚れや黄ばみが気になり始めた方は、大船の歯医者で相談してホワイトニングの施術を受けてみましょう。

美容目的で利用する

ウーマン

審美歯科でホワイトニングをする人には、様々な目的があります。特に芸能人はデビュー前に歯科を訪れることが多くなっています。それは、笑顔がキレイに見えるようにホワイトニングで歯を真っ白にするためです。歯が真っ白だと、それだけで笑顔も美しく見えます。当然、黄色い歯よりも真っ白な歯の方が誰の目からも美しく見えるはずです。もちろん、一般人でも歯をキレイにしたいという人は多くなっています。最近は一般人でもホワイトニングを受ける人が多くなっており、特に若い女性に人気です。治療を受けるのなら、専門の歯科を訪れましょう。大船にはホワイトニング専門の歯科があるので、大船で探してみるのもいいかもしれません。また、大船に限らず、自宅付近で探すにしても審美歯科と項目が設けられている歯科なら、たいていホワイトニング治療を受けられるようになっています。それから、大船の審美歯科でホワイトニングを受ける人の中には、男性も見受けられます。男性でも歯を真っ白にしてキレイに見せたいという願望はあるはずです。ただし、女性とは本来の目的が違っていることがあります。特に煙草を吸う人は歯が黄色くなりやすく、それで訪れることが多くなっているというわけです。いずれにしろ、歯を真っ白にキレイにするという目的で訪れる人が多いことには変わりません。芸能人の場合は仕事の都合で利用し、その他の場合には美容目的で利用することがあります。ただし、ホワイトニングは極端に真っ白にしないこともあるので、どの程度の白さにするのか、事前に歯科医と相談しておきましょう。