インビザラインで歯並び改善【治療計画の説明を聞く】

自分の歯で噛めるようになる

両方とも人工歯です

歯医者と親子

深谷市近辺にお住まいの人で歯の治療を受けたいと考えている人は、歯医者に行く前に知っておくべきことがあります。それは治療方法の種類についてです。特に、高齢や事故が原因で歯を失った人は入れ歯にするのか、インプラントにするのか選ばなければいけません。入れ歯とインプラントの相違点を把握しておくと歯医者と相談してどちらにするかスムーズに選ぶことができます。そもそも入れ歯もインプラントも人工の歯を作って口の中に装着するというものです。しかしながら、入れ歯は取り外しが可能な人工歯です。お年寄りの人が使うものというイメージがありますが、失った歯の機能を補うために用いるものなので、対象者は歯を失ったすべての年齢層の人たちです。また、入れ歯には総入れ歯と部分入れ歯があります。部分入れ歯は抜けた歯の両隣の歯にクラスプというバネをつけて装着するというものです。なお、深谷市の歯医者では部分入れ歯に対応しているところがほとんどです。一方、インプラントとは歯茎に直接人工の歯根を埋めこんで、上から人工歯をかぶせるというものです。部分入れ歯と異なってインプラントは取り外しがききません。また、部分入れ歯の場合は見た目でつくりものとわかりますが、インプラントは非常にリアルなので天然の歯と区別することができません。さらに、歯根を埋め込んでいるので、ぐらつくこともありません。深谷市の歯医者の中には最新の設備が備わっているところもありますので、深谷市近辺の人は是非訪ねてみるといいでしょう。

痛みを抑えてリラックス

歯医者さん

深谷市では多くの歯医者でインプラントを取り扱っていますが、その一方で可能な限り自分の歯を温存しようとする歯医者も増えています。できるだけ抜かない・削らない治療は最近の流行と言えるでしょう。安易に入れ歯やインプラントを使わず、弱った歯をしっかりと温存させるには、確かな技術が求められます。深谷市でも評判の高い歯医者は、患者の要望に合わせて最適な治療法を選択することができます。歯医者は痛いものと決めつけている方もいますが、深谷市には無痛治療を掲げているクリニックもあります。歯根や歯茎には繊細な神経が集中しているので、痛みを和らげるのは簡単ではありません。麻酔をするにしても、注射が痛ければ意味がないでしょう。注射の痛みを抑えるには、歯茎の表面に麻酔薬を塗ってから注射する方法や、できるだけ細い注射針を使用する方法があります。また深谷市のクリニックでも採用されている電動注射器は、一定のスピードでゆっくりと注射液を注入するため、痛みを感じにくくすることができます。歯の治療で痛みを感じないためには、そもそも虫歯や歯周病にかからないことが一番です。深谷市周辺ではPMTCを実施して、予防に力を入れている歯医者もあります。PMTCは専門の器具とプロの技術を使った歯のクリーニングで、定期的に行えば虫歯予防に大きな効果を期待できます。虫歯になってから歯医者へ行くより、費用も時間もかけずに口内の健康を保てるでしょう。

気をつけておく事がマナー

女性

口腔内に異常を感じない限りは深谷市の歯医者に行っていない人は、もう何年も見てもらっていないという人もいるでしょう。めったに深谷市で歯医者に行かない人は、どんなことに気をつけて来院すればいいのかがわかっていないかもしれません。深谷市の歯医者に行く時に気をつけておいた方がいいのが、女性であれば口紅やグロスなどをつけていかない事です。口の中を治療してもらう為、唇にも触れられるようになりますので、衛生的ではありませんし、本人としても治療後に口の周りに口紅が広がってしまい恥ずかしい事になってしまいます。深谷市の歯医者に行く時には、口元には何も塗らずに行った方がいいでしょう。持っておくと便利なものとしては、口元をぬぐうためのハンカチを持っておくと口の周りが汚れた時に拭くことが出来ますので、治療中には手に持っておくと口元をぬぐいやすくなります。歯医者に来院する前にしておかなくてはならないのは、必ずきれいに歯磨きをしてから来院しなくてはなりません。食事をしてからかなり時間が経過しているからそこまで汚くないだろうと考えるのは間違いですので、きれいに歯を磨いておきましょう。歯磨きをせずに来院をすると、食べかすなどが付いたままの状態で行く事になりますので、見た目が悪いだけではなく、治療の妨げになってしまいます。深谷市の歯医者に行く時には口腔内を治療することがわかっていますので、必ず歯磨きをしてから来院するようにしましょう。