人間宇宙密教占星術 開運運命鑑定所プーサ

アーユルヴェーダサロン&スクール:密教占星術(宿曜道)開運運命鑑定

SpaIndia
サイト内検索
占い鑑定所名 プーサ(菩薩)
スクール名 SPAセラピストスクール
一般社団法人SPAセラピスト協会
スパサロン名 スパインディア
所在地 〒920-0211
石川県金沢市湊2丁目118-20
(株)J.オリエンタル
電話 076-237-3977
※留守電の為(メッセージ残可)
初回お問合せメールで受付
電話受付時間 14:00~18:00頃
店舗案内 店舗地図こちらから
予約メール ご予約はメールでお願いします。
ご予約はこちらから
完全予約制

密教占星術鑑定所:宿曜道

【占い部門】プーサ(菩薩)

SPAセラピストスクール

【セラピスト養成部門】SPAセラピストスクール

氣功セラピー

【浄化部門】スパインディア

アーユルヴェーダ

【サロン部門】スパインディア

宿曜鑑定所 お問合せ FC2ブログ

酵素原液とは?

酵素

酵素作り方


酵素(エンザイムと言います)命あるものすべてにある物質です。

主にたんぱく質でできております。

「潜在酵素・消化酵素・維持酵素」3つに分類されます。
(体内酵素)カラダの大部分を占めている酵素物質(たんぱく質)は細胞、遺伝子等を作り出す物質です。

人間の体は酵素が なくなると生きてはいけません。
すなわち酵素切れになるのと人間(生き物)の命の終焉は比例するのです。

長寿を目指すならば是非とも食物酵素 (外部から)取り入れ補充して健康と体の免疫を維持しましょう。


  • 作る時期
  • 1)春の酵素3月~ 6月(春の季節のもので作るのが最適)※春から秋まで飲料可
  • 2)秋の酵素9月~12月(秋の実りの食物で作るのが最適)※秋から冬まで飲料可
  • 3)フルーツなどの単品酵素(新鮮なフルーツで作るのが最適)※過剰発酵する為、真夏は避けましょう
  • ※手作り酵素の場合は季節によりいつでも作れますので春には春の、秋には秋の酵素を出来るだけ季節に合わせて飲用しましょう。
  • 手作り酵素の良いところ
  • 市販の酵素はどの商品も大変良い酵素なのですが、食品衛生法の規定があり、加熱殺菌されて販売されています。
    酵素は熱に弱く(40℃から)加熱殺菌により、せっかくの酵素が少なくなっています。
    作り酵素は過熱する必要がなく、発酵の元気な状態の酵素が飲めるというわけです。
  • 発酵のプロセス
  • 食物の細胞から酵素抽出し醗酵させます。
    毎日の素手での攪拌により、自分の皮膚の「常在菌」が混ざり培養することにより、微生物が酵素やホルモン、ビタミン類などを作り出します。(酵母、友好菌)
    老化とともに減ってくるのは酵素だけではなく「常在菌」も減ってくるのです。
    不健康や病気の場合もです。
    絶えず微生物が元気と生命を守ってくれています。
№1 新鮮な季節の素材を集める酵素素材1

仕込みの季節は基本的に(春)と(秋)です。
飲用時に(春の酵素)と(秋の酵素)をブレンドでオールシーズン飲用可ですが、 スパインディア的には季節のものはその季節で味わうのが主流です。

春には旬の、春の芽吹きの野草野菜果物などを10種類以上、秋には実りの秋の根菜などの旬の地元のものを使いましょう。

フルーツなどの単品酵素も仕込んだ季節に飲用可能です。
※いずれも春か秋に仕込むのが理想

№2 酵素作りの必要なもの酵素素材2

漬物樽は手軽に作るには【10リットル】を選びます。
少し多めに作るときは【20リットル】あまり大きいと重くなるので大変です。
○樽【10リットル】白砂糖(4キロ) しょくもつ(約4キロ未満)
○樽【20リットル】白砂糖(8キロ) しょくもつ(約8キロ未満)
発酵を促すために酵素原液少々。
発酵後のしょくもつを取り出すためのザルとバケツのようなもの。
以上が手作り酵素に必要なものです。
簡単に言うと白砂糖と材料はほぼ同じ重さです。

№3 残留農薬を流しましょう酵素素材3

しょくもつはカットする前に農薬などを洗い流しておきます。

きれいに表面を洗ってきれいな水で漬け置きしてもいいでしょう。

※各自のやり方で洗ってください。

発酵させるので普段食べる時のように農薬を洗い流すような感じで大丈夫です。

№4 材料をカットします酵素素材4

仕込みの季節は基本的に(春)と(秋)です。
飲用時に(春の酵素)と(秋の酵素)をブレンドでオールシーズン飲用可ですが、 十分に農薬を洗い流したら材料をカットしていきましょう。

葉物や手でちぎれるものはできるだけ刃物を使わずにカットしましょう。
なるべく細胞を壊さないように。

大きさはカレーなどに入れるぐらいざっくりぎみが丁度いいです。
あまり小さくカットしないでください。

№5 数回に分けて・・・酵素素材5


それでは仕込み開始です!

漬物樽を用意します。
材料は1キロの砂糖の袋の数に分けて砂糖と混ぜ合わせていきます。

※10リットル樽の場合の砂糖は4袋なので、最後に砂糖で蓋をするので、蓋の分をひいて3等分に材料を分けていれましょう。

№6 砂糖と材料を混ぜていきます酵素素材6

にしょくもつを入れ(分割)砂糖1キロをまんべんなく、ざっくりと混ぜ合わせましょう。
攪拌するときは清潔な素手で行ないます。

できるだけ飲用される方ご本人が攪拌係になってください。

皮膚には人それぞれの常在菌がありますので、飲用される方の常在菌が混ざり合い発酵していくことで、あなだだけのオリジナルな酵素ができるというわけです。

№7 材料と砂糖をなじませて酵素素材7





このようになります(写真左)

№8 酵素原液で発酵を促します酵素素材8



半分くらいしょくもつと砂糖が混ぜ合わさったら、発酵を促進するために酵素原液を適量入れましょう。

※入れなくても環境条件が揃えばスムーズに発酵しますが確実に発酵させるために原液をいれたほうがいいでしょう。

№9 材料と砂糖が全部入りました酵素素材9

フタ用の砂糖1キロ分を取っておき残りの材料とよく混ぜ合わせて仕込みの完了です。

とても簡単!

※注)特に秋の酵素仕込み時期は寒いので発酵が遅くなります。
ストーブやヒーターなどの前に置いて暖かくしてあげてください。

№10 砂糖でふたをして仕込完了酵素素材10

1袋ふた用に残しておいた砂糖を全部使います。
写真のように砂糖でふたをして酵素原液の仕込みが完了しました。

※酵素は暖かく人のいる場所を好みます。
絶対に寒くてほったらかしにするような場所には置かないでください。
自分の子供のように接して攪拌して大切に発酵させてください。
リビングや台所などが好ましいです。
※室温が20度以下になるとうまく発酵しませんので約23~28度前後の室温をキープしてください (人間が過ごしやすいなぁと思う室温が目安です)

№11 翌日から毎日攪拌します酵素素材11

※翌日から毎日朝晩の攪拌作業が始まります!部屋の室温は最低23度以上保たれている場所に置いてください。
酵素の微生物に攪拌してたくさん空気を入れてあげましょう。
翌日じんわりふた用の砂糖がしょくもつに溶け込んだ状態になっています。飲用する方が攪拌担当に適しています。
きれいに洗った素手で下に溜まっている砂糖のかたまりなどをまんべんなく、ざっくりと、しょくもつと 混ぜ合わせましょう。
【注意事項】手に傷などがある場合は素手での攪拌はしないでください。傷口の細菌が酵素原液に入り込む場合があります。

№12 発酵プクプク息をしています酵素素材12

※早くて10日~発酵が始まります。

仕込みの季節の気温で発酵の日にちは若干異なりますが、早くて10日~遅くて20日の間には泡が立ち、プクプクと息をしてきます。
臭いもアルコールに似たような発酵臭になってきます。
息をし始めたら一次発酵完了です。よ~く監察してると生きてるって感じで可愛いですよぉぉ(*^。^*)
それではしょくもつの残りを取り出しましょう。
エキスが抽出されたしょくもつはしなびた感じになっています。

№13 材料を取り出しましょう酵素素材13

それでは樽の中の残ったしょくもつをすべて取り出しましょう。
ザルにガーゼなどをひいてしょくもつを濾しましょう。
新しい樽へ(バケツでも可)おたま等でしょくもつを取り出します。
取り出した残りカスのしょくもつは美容に使えるので、もったんないので捨てないでください。
十分に原液のしょくもつの残りを取り出したら酵素原液の出来上がりです。
※残ったしょくもつをさらに絞って"どろどろ"の液を取り出します。その"どろどろ"をお風呂場で全身に塗りパックします。しばらくして洗い流すとぷるぷるお肌になってます(オススメ!)

№14 出来立ての酵素原液酵素素材14

酵素原液の出来上がりです(←写真左)
これから原液の状態で寝かせながら発酵させていきます。
最低2週間~1ヶ月は毎日しゃもじなどで攪拌作業を行ないます。下のほうに溜まりやすいので、優しく丁寧にゆっくりと混ぜてあげましょう。
出来立ての酵素原液はすぐに飲めますので、飲用と平行しながら、毎日攪拌作業も行なってください。

※注)夏場の保存はなるべく涼しい場所か冷蔵庫に保管してください。あまりにも暑い室内では過剰発酵するためアルコールっぽくなってしまいます。

№15 保存方法酵素素材15

ビンでの保存方法は、きれいに洗って水分の含んでいない遮光ビンで保存します。
真夏の猛暑以外はあえて冷蔵庫に入れなくてもいいです。酵素の微生物が寝てしまいます。(-_-)zzz
ビンの保存の場合絶対にフタをしないでください。ビンの中でも発酵(育って)しています。
フタをすると破裂する恐れがあります。息ができるようにカーゼでフタをしましょう(←写真左)
直射日光の当たらないよう保存してください。飲用される前に沈殿しているので軽くふって飲みましょう。

お知らせ:SPAセラピストスクール

密教宿曜占星術:開運運命鑑定料一覧

【占い部門】

宿曜占星術:プーサ(菩薩)営業時間
曜日 営業時間
日曜 16:00~23:00
月曜 13:00~23:00
火曜 13:00~18:00
水・木・金・土曜 14:00~18:00
¥5,000
¥8,000
¥10,000
¥18,000
¥20,000

講座&スクール価格一覧

【セラピスト養成部門】

スクール&講座スケジュール
曜日 営業時間
予定日実施 詳細は各ホームページ案内にて
¥12,000
¥380,000
¥220,000
¥160,000
¥230,000
¥210,000
¥260,000

氣功セラピー施術料一覧

【浄化部門】

氣功セラピー:スパインディア営業時間
曜日 営業時間
日曜 16:00~23:00
月・火曜 13:00~23:00
水・木・金・土曜 14:00~23:00
¥20,000
¥30,000
¥43,000
¥53,000

アーユルヴェーダ施術料一覧

【サロン部門】

アーユルヴェーダ:スパインディア営業時間
曜日 営業時間
日曜 16:00~23:00
月曜 13:00~23:00
火曜 13:00~18:00
水・木・金・土曜 14:00~18:00
¥18,000
¥26,000
¥21,000
¥27,000
¥22,000
¥10,000
¥24,000
¥24,000
¥21,000
¥22,000
¥3,000
¥26,000
¥26,000
¥26,000
¥26,000
¥0 無料
¥54,000~¥81,000

手作り酵素の作り方(印刷用)

手作り酵素には私達の体を守ってくれる微生物が、たくさん元気よく生きています。
もし酵素のことでわからないこと等がございましたらいつでもご相談ください。

※出来るだけ飲用される方が酵素の攪拌と管理を行なってください。